DHA 子供

頭が良くなるという食品、記憶に新しいところでは、青魚などに豊富に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)
ではないでしょうか。このドコサヘキサエン酸という不飽和脂肪酸には、記憶力・判断力のアップ、視力改善、
コレステロール低下などの効果があると云われています。
幼児期の学習面のことを考えると、特に記憶力・判断力のアップに効果があるというのは興味深いですね。

DHAがどのように脳に働くのかというと、脳にはニューロンという神経細胞の突起があり、
他の神経細胞と結合している部分にはシナプスと呼ばれる細胞同士を結ぶ鎖になるものが存在します。
DHAは脳の細胞膜の中にも存在しており、シナプス膜にDHAが多く含まれていると膜が柔らかくなり、
情報伝達がし易くなるのではと云われています。

最近の研究では、妊娠中に妊婦がDHAを摂取することで胎児の脳の発達に影響があると云われていますし、
母乳にも沢山のDHAが含まれているそうです。

DHAの含有量が多い魚は、 さんま、いわし、まぐろ(脂の部分)、うなぎなど。
調理方法のポイントは、なるべく魚の脂を多く残すようにするということ。
魚の脂の部分にDHAが多く含まれているので、 焼き魚にしたり揚げ物などにするとDHAを含んだ魚の脂は流れて
減ってしまいます。生食できる魚は生のままで頂くのが理想ですが、 幼児の場合お刺身などを敬遠している
ご家庭もあるでしょうから、野菜と一緒にホイル蒸しにしたり、お汁まで頂けるメニューを取り入れると良いでしょう。

DH含有トリプルカルシウム配合の成長期応援飲料 詳細はコチラ

なんでうちの子は落ち着きがないんだろうと思った事はありませんか?
どうも幼いころの生活習慣に問題があるようです。
子供に言葉や良い習慣を教えてくれる教育番組でも、テレビの見過ぎは集中力を失わせるようです。
例えば、だらだらテレビを見せるのではく、夕食の支度時にテレビを見せるなど、時間を決めてテレビを見せるようにしましょう。